Archive for 5月 15th, 2020

肌を綺麗に見せるにはクレンジングにお金をかけろ?!

金曜日, 5月 15th, 2020

肌を綺麗に見せるというとトーンアップクリームやコンシーラー、ハイライトなどがよく挙げられますが、コスメで上から重ねても根本は消えていません。

根本から改善しようとするにはスキンケアを重視することが大切です。

ただ、闇雲に化粧水をつけたり乳液をつけたりしたところで肌の水分と油分のバランスはとれないのでなにを重視するかによって使うべきスキンケアを変える必要性が
あります。

そもそも、水分がないと顔に脂が滲みでてきますし、反対に油分がないと乾燥して肌が粉をふくこともあります。
どちらにせよお化粧は上手くのりませんし、時間が経つにつれて崩れ方も汚くなってしまい、肌がくすんだように見えてしまいます。

デパートの肌診断において私の肌は最悪で水分も油分もたらず、毛穴は開いていました。

とりあえず毛穴を閉じることが優先である、そのためには角質から溶かさないといけないとBAさんが仰ったのでクレンジングを変えました。

当時の私は拭き取りクレンジングを使用しており、仕事から家に帰ってお風呂はまだ面倒だけどとりあえず化粧だけ落としたいときに非常に便利かつ安いので利用していたのですが、どれだけクレンジングをコットンにヒタヒタに染み込ませたところで肌への摩擦がかなりあるので肌荒れ、乾燥の原因に繋がっていました。

また、落ち切ったと思っていてもアイシャドウや小鼻の溝に埋まったコンシーラーなど落ちていない部分も多々ありこうすると肌荒れだけでなく毛穴までも埋まってしまうので総じて良くありません。

これを改善すべく少々面倒ではありますがお風呂でバームタイプのクレンジングにしたところ、するんと綺麗に落ちるのにW洗顔が不要、そして何よりお風呂をでた際のつっぱり感がありませんでした。

クレンジングには拭き取りやバーム以外にもミルクやオイルなどもありますが、バームが1番肌に負荷がなく優しく扱える上に綺麗に落ちるのでコストパフォーマンスで見るとあまり良くないかもしれませんが、クレンジングだけで顔のトーン、肌荒れ等が改善されるので悩んでいる方に非常にオススメです。

チークポアパッチ

お肌トラブルについて。

金曜日, 5月 15th, 2020

肌トラブルで悩まれています。
40代になってからお肌がカサカサで乾燥気味。どんなスキンケアをすればいいのか・・・。
さっそくですが、肌の荒れができる原因と解決方法について考えていきましょう。

・肌荒れがもたらされるしたわけとは
季節の移り変わる時期においてのカサつきや、健康状態がよくない時期、心とからだともに疲労している時などに生じる肌トラブル。乾燥やゴワつき、粉ふき、面皰、赤み、ヒリつきやかゆみなど、その肌異変はいろいろですが、状況も様々です。

・肌トラブルをよくするコツはあるの?
では、発生してしまった肌トラブルを改善する方法はあるのでしょうか。肌のお手入れでは肌荒れをよくすることはできないが、日ごろよりきちんとしたスキンケアに気をつけ、肌のバリア作用を保つことで、肌荒れしづらいお肌の状態を保つことはできますよ!

・洗顔・クレンジングの改善
まずは、洗顔やクレンジングのやり方について再確認をしてみるべきです。日々の洗顔では、汚れた状態をしっかりと落としつつ、お肌に過剰な刺激がかからないよう行うことが重要。
石けんや洗顔料はよく泡立て、泡で素肌を包みこむようにしてキレイにすると、指の圧力を肌に伝えることなく洗い流せます。すすぎはぬるめのお湯で、泡が残らないよう細かく洗浄しましょう。洗顔後はきれいなタオルで、こすらず押えるようにして、水分をやさしく吸収させましょう。
クレンジング剤は、用量が多くないとお肌への摩擦が大きくなります。適正な量をお顔に広げ、指先で渦巻きを描くようにお化粧となじませてからササッと洗い流しましょう。指先には力を入れず、どちらにしても軽いタッチをキープ。つい加減せずにこすり洗いしてしまいそうなアイメイクや口紅などの強めのメイクは、リムーバーで前もって落としておきましょう。

お肌のケアは手抜きをするとスグお肌に影響がでてしまいます。5年後、10年後を考えてしっかりと美肌をキープしていきましょう!
www.seegmiller-art.com