Archive for 5月, 2020

メイクに目覚めた私

木曜日, 5月 28th, 2020

女性雑誌を多く読むようになってきたこの頃、メイクに対する関心がこれまで以上に強くなってきた。大学生になったことも有る。

これまでは、10分程度でできる簡単な最低限のメイクしかしてこなかったが、もっと本格的にメイクをしてみようと思い立ったのだ。

いざ、インターネットで色々と調べてみると、幅広いブランドの化粧品を値段や口コミ、さらにはどのような肌質の人に合っているかなど、細かい事まで詳しくまとめているサイトがある。

個人のブログでは、たくさんの写真を使ってメイクの仕方が説明されていたり、Instagramでもメイクの仕方の説明動画が上がっていたりする。

そして、アプリを使えば、カメラで自分の顔を映して実際に化粧品をつけた後のシミレーションなんかもできるようになっているのだ。

ほんの十数年前には、携帯のカメラでまるでプリクラのような写真が撮れるアプリが出たと大騒ぎしたが、今では外出しなくても自宅で化粧品をテスターできるようになった。

これなら、他の客が使ったテスターを使うことに抵抗があるような人でも手軽に化粧品を試すことができてとても便利だ。

そして、なんといっても最近は中高生でも買えるようなお手軽な価格でかなりのクオリティーの化粧品が買える。大人でも愛用できるようなファンデーションやアイライナーが500円~1000円程度の価格で買えてしまうのだ。マニキュアやリップ となると300円前後で買えてしまうものも多くある。

もちろん、何品かは自分のお気に入りのブランドで揃えたい化粧品もあるが、これまで試したことない色のアイシャドウやリップなど少しお試し程度に買うときは大抵ドラッグストアで手軽に変えてしまう程度の化粧品で充分だ。マニキュアはめったにしないので私はすべて、300円程度のもので揃えている。

私にとっては、高価なマニキュアを数本揃えるよりも、安いマニキュアでもいいから多くの色があった方が嬉しい。

やはり、お手軽な価格でメイク道具が手に入るようになったためなのだろうか、最近では小学生の子供でも休日にはメイクをする子が出てきているらしい。小学生向けの雑誌なんかでもメイクの仕方が紹介されていることもあるようだ。
塗り替えなしBBクリーム

口臭予防のトラブルについて

火曜日, 5月 19th, 2020

なんとなく自分の口のニオイが気になりだしたときに、
商品名は伏せておきますが市販の口臭予防商品を使い出しました。

数週間使い続け口臭が少しマシになったのかなって思い始めた時、ある異変に気づきました。

今回はそのときの症状や改善方法を紹介したいと思います。

それはいつも通り歯みがきの後のマウスウォッシュをした後のことでした。

手で鼻と口を覆って口臭チェックをしながら鏡を見てなんとなく舌を出した時でした。

なんと舌の表面が黒くなっていたのです。

口内だけでもいろいろな病気があるといいいますが何か病気にでもなったのかスゴク心配になりました。

舌の病気?自分ではマシになったと思っていた口臭が実は悪化していたのでは?なんて考えこんでしまいネットで検索したみました。

調べてみるとどうやら【黒毛舌】というものでした。
世間一般にあまり広く浸透していない症状のようで「こくもうぜつ」と読みます。

黒毛舌は黒もしくは黒褐色に変色するケースが多く、
黒ずんで毛が生えているのではないかと勘違いしてしまうような見た目になるのでそう呼ばれています。

その原因を調べてみると

①うがい薬の使用
②体調不良
③抗生物質の服用
④タバコの吸い過ぎ

なんてものがあげられていました。

たばこは吸わないし、病気の治療なんかで薬の投与なんかなし。
なので①のうがい薬の使用と②の体調不良が原因なんだとすぐにわかりました。

黒っぽい舌苔の正体は主にカンジダ菌というカビ菌の繁殖が関係していると言われています。
カンジダ菌は通常であれば、口腔内でそれほど繁殖することないといわれています。

しかし殺菌性の強いうがい薬を使い続けると、
口腔内のバランスが変化してしまい舌の上でカンジダ菌が繁殖することもあるとのこと。

また、体内で繁殖することは通常であれば滅多にないカンジダ菌。

でも体調がすぐれず体の免疫システムが弱まると繁殖してしまうケースがあるようです。

当時は残業続きで疲れもたまっていた事にプラスして口臭が気になるあまりマウスウォッシュの過度の使用。

このようなことが原因で黒毛舌を引き起こしたようなので体調がよくなるまでマウスウォッシュの使用を控えて様子を見る事にしました。

しばらくして体調も良くなりましたがマウスウォッシュが自分に合っていないのかもしれないと思い、

比較的刺激の少ないマウスウォッシュをネットで見つけて使用していますが今のところ黒毛舌は出ていません。

私が今使っているマウスウォッシュの詳しい情報は

【ノッシュの効果・口コミに嘘ないの!?|最安値で購入した私のレビュー】

のサイトで確認できます。気になる方は1度見てください。

肌を綺麗に見せるにはクレンジングにお金をかけろ?!

金曜日, 5月 15th, 2020

肌を綺麗に見せるというとトーンアップクリームやコンシーラー、ハイライトなどがよく挙げられますが、コスメで上から重ねても根本は消えていません。

根本から改善しようとするにはスキンケアを重視することが大切です。

ただ、闇雲に化粧水をつけたり乳液をつけたりしたところで肌の水分と油分のバランスはとれないのでなにを重視するかによって使うべきスキンケアを変える必要性が
あります。

そもそも、水分がないと顔に脂が滲みでてきますし、反対に油分がないと乾燥して肌が粉をふくこともあります。
どちらにせよお化粧は上手くのりませんし、時間が経つにつれて崩れ方も汚くなってしまい、肌がくすんだように見えてしまいます。

デパートの肌診断において私の肌は最悪で水分も油分もたらず、毛穴は開いていました。

とりあえず毛穴を閉じることが優先である、そのためには角質から溶かさないといけないとBAさんが仰ったのでクレンジングを変えました。

当時の私は拭き取りクレンジングを使用しており、仕事から家に帰ってお風呂はまだ面倒だけどとりあえず化粧だけ落としたいときに非常に便利かつ安いので利用していたのですが、どれだけクレンジングをコットンにヒタヒタに染み込ませたところで肌への摩擦がかなりあるので肌荒れ、乾燥の原因に繋がっていました。

また、落ち切ったと思っていてもアイシャドウや小鼻の溝に埋まったコンシーラーなど落ちていない部分も多々ありこうすると肌荒れだけでなく毛穴までも埋まってしまうので総じて良くありません。

これを改善すべく少々面倒ではありますがお風呂でバームタイプのクレンジングにしたところ、するんと綺麗に落ちるのにW洗顔が不要、そして何よりお風呂をでた際のつっぱり感がありませんでした。

クレンジングには拭き取りやバーム以外にもミルクやオイルなどもありますが、バームが1番肌に負荷がなく優しく扱える上に綺麗に落ちるのでコストパフォーマンスで見るとあまり良くないかもしれませんが、クレンジングだけで顔のトーン、肌荒れ等が改善されるので悩んでいる方に非常にオススメです。

チークポアパッチ

お肌トラブルについて。

金曜日, 5月 15th, 2020

肌トラブルで悩まれています。
40代になってからお肌がカサカサで乾燥気味。どんなスキンケアをすればいいのか・・・。
さっそくですが、肌の荒れができる原因と解決方法について考えていきましょう。

・肌荒れがもたらされるしたわけとは
季節の移り変わる時期においてのカサつきや、健康状態がよくない時期、心とからだともに疲労している時などに生じる肌トラブル。乾燥やゴワつき、粉ふき、面皰、赤み、ヒリつきやかゆみなど、その肌異変はいろいろですが、状況も様々です。

・肌トラブルをよくするコツはあるの?
では、発生してしまった肌トラブルを改善する方法はあるのでしょうか。肌のお手入れでは肌荒れをよくすることはできないが、日ごろよりきちんとしたスキンケアに気をつけ、肌のバリア作用を保つことで、肌荒れしづらいお肌の状態を保つことはできますよ!

・洗顔・クレンジングの改善
まずは、洗顔やクレンジングのやり方について再確認をしてみるべきです。日々の洗顔では、汚れた状態をしっかりと落としつつ、お肌に過剰な刺激がかからないよう行うことが重要。
石けんや洗顔料はよく泡立て、泡で素肌を包みこむようにしてキレイにすると、指の圧力を肌に伝えることなく洗い流せます。すすぎはぬるめのお湯で、泡が残らないよう細かく洗浄しましょう。洗顔後はきれいなタオルで、こすらず押えるようにして、水分をやさしく吸収させましょう。
クレンジング剤は、用量が多くないとお肌への摩擦が大きくなります。適正な量をお顔に広げ、指先で渦巻きを描くようにお化粧となじませてからササッと洗い流しましょう。指先には力を入れず、どちらにしても軽いタッチをキープ。つい加減せずにこすり洗いしてしまいそうなアイメイクや口紅などの強めのメイクは、リムーバーで前もって落としておきましょう。

お肌のケアは手抜きをするとスグお肌に影響がでてしまいます。5年後、10年後を考えてしっかりと美肌をキープしていきましょう!
www.seegmiller-art.com

時間をかける余裕がない私が実践しているスキンケア法

月曜日, 5月 4th, 2020

私は物心がついた頃からかなりの乾燥肌でした。
一般的には小学生低学年くらいの頃は、女の子でも化粧水をつけるなどのスキンケアはしていないと思います。
しかし、私はその頃からすでに乾燥肌がひどく冬場などは粉をふいたような肌になっていました。
なので、その頃からすでに顔を洗った後に化粧水や乳液を簡単につけるなどのスキンケアを行っていました。
もともとがそれほどの乾燥肌なので、もちろん今でも肌の乾燥はひどく、常にいろいろと気を付けています。
子どもができた今は、スキンケアに時間をかける余裕がないことも多いですが、それでも保湿にだけはできる限り気を付けています。
特にお風呂上がりは、体をまだ完全に拭けていない状態であっても、顔を保湿することを優先しています。
また、顔だけでなく、デコルテのあたりや乾燥しがちな手足などにもすぐにボディクリームを塗るようにしています。
いくら顔だけを保湿しても他の部位の水分が足りていないと、そこにどんどん水分をとられて結果顔も乾燥してしまうそうです。
なので、お風呂上がりは服を着る前に全身を保湿しています。
肌の乾燥の他にも、目の下のクマにも幼い頃からずっと悩んでいます。
私は肌の色素が薄めということもあって、クマがどうしても目立ってしまう体質です。
睡眠不足でない元気な時であっても、「今日寝不足?」とか、「体調悪いの?」などと周りから声をかけられることも珍しくありません。
冬場などの寒い時期は、特にひどいです。
体温が低くなると目立ってしまうようなので、特にひどいなと感じる日は、朝メイクをする前に温めるようにしています。
方法としては、目元に当てる専用の温熱ピローを使用しています。
使用前に数秒電子レンジで温めるだけなので準備も簡単だし、適度に暖かくてリラックスもできるのでとても気に入っています。
これを使用すると劇的というほどではありませんが、若干クマも薄くなるように感じています。
また、その上で目の下はクマを消すための専用のコンシーラーを使ってメイクしています。
私にとってはメイクの時の必需品です。
パーフェクトニードルの効果を実感する